デリケートゾーンのトラブルを改善|専用石鹸を使いましょう

女の人

生理中の対策

ウーマン

思春期を迎えると、女性の体には様々な変化が現れます。胸が膨らんできたり、丸みを帯びた体つきになったりするのですが、一番大きな変化が生理です。生理は子どもを作るために必要な現象なのですが、5日から1週間ほど陰部から出血があるため、不快感を感じてしまいます。また、生理が起こると出血をカバーするためにナプキンを使用するのが一般的です。ナプキンは装着方法が簡単で、使い捨てなので女性の多くが使用しているのですが、生理中にナプキンを装着して生活をすると摩擦やムレによってデリケートゾーンがかぶれる場合があります。そもそもデリケートゾーンの皮膚は他の部位に比べて皮膚が薄くなっているので、少しの摩擦であっても十分ダメージを受けてしまうのです。

ナプキンによるかぶれが起こった場合、まずは使用しているナプキンを変えてみると良いでしょう。一般的に販売されているナプキンというのはコットンで作られています。吸水性が高くて比較的肌触りが良いので多くの製品に使用されているのですが、化学物質が含まれているので体に悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、かぶれを防止したいのならオーガニックのナプキンや綿で作られている布ナプキンを使用すると良いでしょう。さらに、デリケートゾーンがかぶれてかゆくなってしまったときは、なるべく刺激を与えないように肌に優しい石鹸を使用して、かぶれが悪化しないように心掛けましょう。また、生理中にこまめにナプキンを替えると、ムレや摩擦を軽減させることができます。